PaulSmithのシルクジャケット

DSC00163

シルク。

この響きだけで、ご飯三杯喰えます(喰えませんよ)

一応墨色なのですが、シルクって光るので、グレーに見えます。

コーデするなら、赤のコットンパンツがいいと思ったりします。

DSC00164

ちょっと、立体感が出てませんが。

ワンボタンの丈が短めのシルエットです。

チェックが濃いめのピンクなので、

赤のパンツ以外にも、ピンクのパンツにも合ったりします。

シルクのデメリットとして、ウールに比べたらシワができやすいところですね。

 

あまり長時間着るシーンには不向き。

タグ

2015年2月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ジャケット

ポールスミスのダウンブルゾン

DSC00176

ポールスミスのダウンブルゾンです。

あの、僕は個人的に、ダウンのもこもこした感じが嫌いなので、

ずっとダウンは買わなかったんですよね。

でもって、これ。

 

無駄にラグジュアリーな感じと音符のポップな感じが気に入って購入。

お値段 100,000円くらい。

アウトレットのモンクレール買える値段ですが、やっぱ、モンクレールにしてももこもこしてるのでぴんとこず。

 

                                続き↓↓↓

この投稿の続きを読む »

タグ


2015年2月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ブルゾン

PaulSmithCollection (ポールスミス・コレクション)のスーツ

ポールスミスコレクションのスーツです。

一見なんの変哲も無い、ちょいおしゃれなスーツですが。

 

 

20152192

 

タキシードをイメージした、四つボタンだったり。  続きは↓↓↓

この投稿の続きを読む »

タグ


2015年2月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スーツ

スコッチグレインSCOTCH GRAIN

さて、靴のお利口さんと呼ばれてるのが、リーガル。(本当か?)

コストパフォーマンスがいい。

靴のコスト=革の質+製法。

僕がビジネスで愛用してるのはスコッチグレインです。

 

DSC00129

これ、シングルチップで、製法もグッドイヤー・ウェルト製法なので、丈夫だし履きやすいです。

シングルチップなので、ドレス度(なんやねん、ドレス度って)は下がりますが、仕事用と割り切れば非常に、良い靴です。

値段も上記の商品で四万くらいです。

(グッドイヤー・ウエルト製法は修理がきくし、靴の場合ほとんどトレンドがないので、手入れすれば十年は履ける)

                                        続き↓↓↓

この投稿の続きを読む »

タグ


2015年2月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:

シューキーパーってどうよ?

DSC00154

このブログはわりと靴の紹介が多いと思うのですが、

シューキーパーについて書いておきます。

 

この投稿の続きを読む »

タグ


2015年2月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:靴の手入れ

PaulSmithのカジュアルシャツ

世界で一番悪趣味な、おれ。

DSC00117

な、感じで買っちまったぜPaulSmithのシャツ。

この投稿の続きを読む »

タグ


2015年2月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:シャツ

DAKSのセカンドバッグ

DSC00119

限りないバブル臭。

それが、セカンドバッグ。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像